2019年11月14日23時37分
  • ロイター通信’「米中貿易戦争が日本経済を鈍らせる」
    ロイター通信’「米中貿易戦争が日本経済を鈍らせる」

日本経済は2019年第3四半期、この一年間で最大の鈍い動きを続けています。

ロイター・ジャパンによると、アメリカと中国の貿易戦争、また世界的需要の落込みによる輸出量減少は、日本経済の動きの鈍さの原因となっており、この問題は政府に経済援助を目的としたさらなる準備の選択を余儀なくさせました。

日本の国内需要も、去年の同時期に比べて同水準に留まっています。

日本銀行は、国内需要の増加が海外需要減少による危機を緩和させると予測していました。

14日木曜日の政府報告によると、世界第三位である日本の国内純生産は、今年第2四半期における1.8%の成長の後、7月から9月にかけて0.2%増加しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント