12月 07, 2019 20:11 Asia/Tokyo
  • 在京イラン大使館
    在京イラン大使館

在京イラン大使館は、アフガニスタンで亡くなった中村医師について、ツイッター上で哀悼の意を表明しました。

現地時間の4日午前、アフガニスタン東部ナンガルハル州の州都ジャララバードで、現地で医療活動を行う日本のNGOの代表らが車で移動中に、何者かに銃撃され、中村医師を含む6人が死亡しました。

在京イラン大使館は、アフガニスタンで亡くなった中村医師について、ツイッター上で声明を発表しました。本文は以下の通りです。

 

在京イラン大使館のツイット

「日本人の医師であり、人道活動家である中村哲氏の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 国際的な人道支援は、このようなテロ行為によって終わることはなく、今後も続いていくことを信じます。」

「中村哲医師は、民族や宗教の違いを超えた人道主義の信念から、その生涯を アフガニスタンの国民のために捧げられ、医療や農業教育、灌漑システムの改善などの分野で多大な貢献をされました。 謹んでお悔やみ申し上げます。」

中村さんは、数年前から現地事業体であるPMS平和医療団日本(ピースジャパンメディカルサービス)の総院長として医療活動に携わり、アフガニスタンのガニ大統領から名誉市民権を授与されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント