1月 18, 2020 21:49 Asia/Tokyo
  • アメリカの核探知特殊偵察機
    アメリカの核探知特殊偵察機

韓国のヨンハプ通信が18日土曜、アメリカの核探知特殊偵察機が日本の米軍基地に到着したことを伝えました。

ヨンハプ通信によりますと、核探知特殊偵察機として使用されるWC-135W型航空機が、北朝鮮の監視を目的に日本の米軍基地に配備されました。

この偵察機は、正確な時刻は明らかにされていませんが、沖縄にある嘉手納基地に到着したということです。

核探知偵察機として有名なこの航空機は、1986年に当時のソ連で起きたチェルノブイリ原発事故においても、放射線漏れの追跡や残留調査に使用されました。

一方、コブラボールと呼ばれるRC-135S型偵察機一機も同基地に到着しました。

これらの偵察機の配備目的については、今のところ日米どちらの側からも説明されていません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント