2月 18, 2020 19:54 Asia/Tokyo
  • 菅官房長官
    菅官房長官

日本の菅義偉官房長官が、新型コロナウイルスによる肺炎の治療薬開発に関し、抗エイズウイルス(HIV)薬の臨床試験の準備を進めているとしました。

イルナー通信によりますと、菅官房長官は18日、新型コロナウイルスによる肺炎の治療薬開発に関し、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)を中心に抗エイズウイルス(HIV)薬の臨床試験の早期開始に向けて準備を進めており、このウイルスの制御に関する研究活動が全力をもって継続されていると説明しました。

新型コロナウイルスが初めて確認された中国本土における新型コロナウイルスの感染者は5万8000人を超えています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-61496028

タグ

コメント