May 25, 2020 20:40 Asia/Tokyo
  • 安倍首相
    安倍首相

日本の安倍晋三首相は25日、新型コロナウイルスの流行を1カ月半で収束させることができたとして、全国での緊急事態宣言の解除を決定したと述べました。

ロイター通信によりますと、安倍首相はまた、第2次補正予算を27日に成立させる見通しを示し、第1次補正予算と合わせて事業規模は200兆円を超えると説明し、「国内総生産(GDP)の4割にのぼる空前絶後の規模だ。世界最大の経済対策で、100年に一度の危機から日本経済を守り抜く」と強調しました。

さらに、総額で130兆円を超える資金繰り支援も実施するとし、新型コロナの感染拡大を受け企業の倒産や資金ショートが懸念される中、「企業規模の大小にかかわらず、政策投資銀行や公的ファンドを通じて劣後ローンや出資など資本性資金を供給する」と述べました。

与野党で議論があった企業の家賃支援については「家賃負担を軽減するため、最大600万円の給付金を新創設する」と説明し、また、地方創生臨時交付金を2兆円増額するとしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント