9月 09, 2020 20:01 Asia/Tokyo

西村康稔経済再生担当相は9日水曜、記者会見で、英製薬大手のアストラゼネカなどが共同開発している新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)をめぐり説明を行いました。

時事通信によりますと、西村大臣は、治験の段階で深刻な副作用が起きたとみられる事例が発生したとの報道に関し、「厚生労働省からアストラゼネカに問い合わせしたところ、日本でも新たな(治験でのワクチン)投与を一時中断したとの報告を受けた」と述べました。

また、「厚労省が情報収集しており、これ以上のコメントは控える」とも話しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント