9月 16, 2020 14:19 Asia/Tokyo

16日水曜、安倍内閣が総辞職したことを受け、衆議院本会議と参議院本会議で首相指名選挙が行われ、自民党の菅総裁が第99代首相に選出されました。

16日午前、安倍内閣は総辞職しました。安倍氏は記者団に対し「菅内閣にも力強いご支援を」と語りかけました。

NHKによりますと、安倍内閣が総辞職したことを受け、午後1時すぎから衆議院本会議で総理大臣指名選挙が行われました。その結果、自民党の菅総裁が314票、立憲民主党の枝野代表が134票、日本維新の会の片山共同代表が11票、希望の党の中山代表が2票、自民党の小泉進次郎氏が1票で、菅義偉総裁が自民党や公明党の支持を受けて、総理大臣に指名されました。

そして、皇居での総理大臣の親任式と閣僚の認証式を経て、16日夜にも菅内閣が発足する見通しで、菅総裁は記者会見で、今後の政権運営の基本方針などを説明することにしています。

14日、自民党総裁選で菅官房長官が新しい総裁に選出されました。自民党総裁選は、安倍首相の辞任表明を受けて実施され、先月28日、安倍首相は記者会見で辞意を表明していました。安倍氏は同月21日の通院の診断結果で持病の「潰瘍性大腸炎」の悪化が確認されたことから辞任の意向を固めたと説明しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント