9月 20, 2020 20:21 Asia/Tokyo
  • 台湾の蔡英文総統
    台湾の蔡英文総統

台湾の蔡英文総統が、「現時点で、菅新首相との電話会談の予定はない」と語りました。

ロイター通信によりますと、この発言は、李登輝元総統の告別式に参列するため、18日金曜に台湾を訪れた森元総理大臣が、蔡英文総統に「何かの機会に話ができれば」とする菅首相のメッセージを伝えた際になされました。

森元相のこの発言は、中国の懸念を引き起こしています。

森元総理大臣

 

中国が自国領の一部とみなす台湾日本とは文化・歴史的に密接な関係を持っています。

しかし、日本は世界のそのほかの大半の国と同様に、台湾政府を正式には承認しておらず、中国を正式な政府とみなしています。

中国外務省は、日本が中国政府に透明性を要求した後は「このようなことは決して起こらない」と告げたたと伝えました。

蔡英文総統は記者団に対し、森元総理とこのような話はしていない、と述べています。

また、「我々は現在、このような電話会談の予定はない」としました。

日本外務省の報道官も、蔡英文総統の同様の発言に触れ、菅首相との電話会談の予定はないとしています。

日本は、1972年に中国のが有利となる、台湾との外交関係を断絶しました。

台湾は1895年から1945年まで、日本の植民地支配下にありました。

中国や韓国とは異なり、多くの台湾人は日本について好感を持っており、日本による支配が、これまで開発の手が入っておらず、大きく農業に依存していた島の開発につながった、と述べています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント