10月 06, 2020 20:25 Asia/Tokyo

6日火曜、東京で日本、オーストラリア、インド、米国の4カ国によるクワッド外相会談が開催されます。

ロシア・スプートニク通信によりますと、加藤勝信官房長官は、今回のクワッド・日米豪印戦略対話会議外相会談の開催について、新型コロナウイルスの発生、拡大の中で、日本ではじめて開催される閣僚レベルの会合となること、新型コロナ問題で顕在化した諸課題への対応、あるいは地域の情勢について4カ国外相が対面で意見交換を行う時期を得たものとの見解を述べました。

さらに、自由で開かれたインド太平洋のビジョンは、ポストコロナの世界において重要性を増しており、その実現に向けより多くの国々との連携が広まることを期待するとも述べました。

また、中国の外洋進出が進み、米国と中国の間に激しい緊張があるなかで、今回の会議へ何を期待するかとの質問に対し、4カ国会合は特定の国を念頭に置いたものではないとの考えを明らかにしましたが、中国は、クワッドを自国の開発を抑止するための工作であるとして非難しています。

4日、米国のマイク・ポンペオ国務長官は、外相会議の結果、重大な発表、重大な成果があることを期待すると述べ、具体的な言及は避けながらも、中国の脅威などに対して連携を目指す4カ国の外相会議の成果に強い期待を示しました。

インド外務省の報道官は、4か国の外相はこの会議で、インド太平洋の自由貿易地帯への支持を強調するだろうと述べています。また、「この会議では、ポストコロナの世界における新しい国際秩序と、パンデミック化した感染症に対する対処を調整する必要性について話し合われることになっている」と語りました。

第1回目のクワッド外相会談は昨年9月にニューヨークで開催がされました。2017年11月にはインド太平洋地域でもっとも重要な航海ルートの安全保障の新たな戦略の一環として、4カ国が協議を行なっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント