10月 07, 2020 20:17 Asia/Tokyo
  • 訪日したポンペオ米国務長官
    訪日したポンペオ米国務長官

在日中国大使館は7日水曜、ポンペオ米国務長官は悪意をもって米中の政治的対立をあおり中国を中傷していると批判し、米国は中国に対するいわれのない攻撃と非難をやめるべき、と主張しました。

ロイター通信によりますと、6日来日したポンペオ氏はインド太平洋地域で影響力を増す中国に対抗するために、米国、日本、オーストラリア、インドによる連携強化を訴えました。

これに対し中国大使館は「ポンペオ氏は中国に関する嘘を繰り返しでっち上げ、悪意をもって政治的対立を引き起こしてきた」とする声明を発表しました。

また、「われわれは米国に冷戦思考とイデオロギー的な偏見を捨て、中国に対するいわれのない攻撃と非難をやめ、米中関係を建設的な方法で扱うよう改めて求める」としました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント