10月 19, 2020 18:23 Asia/Tokyo

菅義偉首相は19日月曜、就任後初の外国訪問となったベトナムの首都ハノイで、グエン・スアン・フック首相と会談し「共にインド太平洋国家として、地域の発展と繁栄のために連携して貢献していきたい」と表明しました。

共同通信がハノイから報じたところによりますと、ベトナムは今年の東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国を務めており、同首相としてはASEANとの協力も図りたい考えです。

菅首相が就任後、外国首脳と会談するのは今回が初めてです。

一方のフック首相も「日本と力を合わせて地域の平和と発展推進のために頑張っていきたい」と応じました。

菅首相は、新型コロナウイルス禍で中国から医療物資輸入が滞った経緯を踏まえ、サプライチェーン強化へ連携を確認するもようです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント