10月 22, 2020 21:11 Asia/Tokyo
  • 甘利氏
    甘利氏

自民党の甘利明税調会長は22日、日本記者クラブで講演し、リーマン・ショック後と異なり、新型コロナウイルスによる内外経済の落ち込みは「いつまで続くか分からない」ため、当初期待された日本経済のV字回復は難しく、「なかなか底打ちが確認されず、だらだら続き、U字、L字回復で少しずつ上っていく」との見通しを示しました。

ロイター通信によりますと、甘利氏はまた、企業の税負担力が落ちているため、増税はなるべく慎重にする必要があると指摘しました。

一方で外交について、日本外交の基軸はあくまで日米同盟だが「日本は地政学的に中国と付き合わざるを得ず、米国の不信を買わないようどう中国とバランスをとるか、安倍晋三前首相はものすごく悩んでいた。菅義偉首相も悩むだろう」と指摘しました。

また、河野太郎前防衛相が表明していた英米などの情報網「ファイブ・アイズ」への参加は、「将来的には良いこと」としつつも、日本国内の情報セキュリティー体制の「準備ができていないのに参加すれば不信を買う」と懸念を示し、研究者がスパイでないことを確認するようなセキュリティー・クリアランスの体制整備の重要性を強調しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント