11月 23, 2020 15:14 Asia/Tokyo
  • トーマス・バッハ
    トーマス・バッハ

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が、オンライン形式で開催された主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)で演説を行い、東京五輪開催に向けて国際的な連帯の強化を呼びかけました。

ロシアのスプートニク通信によりますと、演説の中でバッハ会長は、パンデミックによりスポーツの重要性がさらに確認されたことを次のように指摘しました:

「スポーツには命を救う力がある。このコロナ禍で我々が確認した通り、スポーツは体と心の健康にとって非常に重要なものだ……世界保健機関(WHO)はこれを確認し、IOCとの協力関係に関する協定に署名した。さらに、我々はワクチン開発の世界的な取り組みにも貢献する用意がある。この危機から重要な教訓を我々は手にした。それはさらに連帯を強化する必要があるということだ。社会の連帯に加え、国際的な連帯も同様だ。間もなく我々はこの連帯を、延期されたオリンピック、パラリンピックで証明するであろう。この大会は人類の連帯、力強さ、団結を示す、力強いシグナルを発するものとなる」

IOCの広報部によると、各国首脳は東京五輪と北京五輪の開催にむけて「力強い決意」を示したということです。

G20サミットの閉幕時に採択された首脳宣言には、次のように記されています:

「我々は東京でオリンピックとパラリンピックを来年に開催しようという日本の決意を歓迎する。我々は2022年に北京で冬季五輪が開催されることを心待ちにしている」。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ