11月 26, 2020 17:29 Asia/Tokyo

菅総理大臣が訪日中の中国の王毅外相と会談し、日中両国の安定した関係は、地域や国際社会にとっても重要で、ともに責任を果たしたいという考えを示しました。

両氏は、およそ20分間の会談において、尖閣諸島周辺海域問題や新型コロナウイルス対策などについて意見を交わした他、来年夏の東京オリンピック・パラリンピックと、再来年の冬の北京オリンピック・パラリンピックの成功のために協力していくことを確認しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ