12月 03, 2020 19:29 Asia/Tokyo
  • 宮家邦彦内閣官房参与日
    宮家邦彦内閣官房参与日

宮家邦彦内閣官房参与日は、JCPOA包括的共同行動計画(核合意)を復活させるために努力することを強調しました。

イルナー通信はジャパンタイムズの報道として、日本の外交政策研究所代表でキヤノングローバル戦略研究所研究主幹でもある宮家邦彦氏が3日木曜、「日本は、経済や貿易の分野を含め、イランと非常に緊密な関係にあるため、2015年の核合意を復活させるために努力し、将来の交渉に共に参加する必要がある」と語ったと報じました。

宮家氏は、「日本もイランの主要な貿易相手国でもあり、昨年には安倍前首相がイランを訪問し、イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師と会談した」と語りました。

米国政府は2018年5月、国連安全保障理事会決議2231に違反し、イランとの核合意から一方的に離脱し、イラン国民に対する制裁を再開しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ