12月 26, 2020 17:05 Asia/Tokyo

安倍首相は25日、自身の後援会主催「桜を見る会」前夜祭をめぐる首相在任中の国会答弁が誤っていたと述べ謝罪しました。

自民党の安倍晋三前首相は25日、衆参両院の議院運営委員会に出席し、「桜を見る会」前夜祭をめぐる国会答弁が誤っていたとし、「国会に対する国民の信頼を傷つけることになった。全ての国会議員に深く心よりおわびする」と表明しました。

野党側は説明が不十分だとして、うその証言をすれば偽証罪に問われる証人喚問への出席などさらなる説明を求めています。

一方で安倍氏は議運委終了後、記者団に「説明責任は果たせた」と主張し、「来年の選挙に出馬したい」と語りました。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ