1月 17, 2021 22:00 Asia/Tokyo

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で飲食店が時短営業を求められている中、これを拒否する店が少なからず現れています。

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が再び発令された東京都内で、外食チェーンなどの一部飲食店が、国や都の営業時間短縮の要請を拒否して営業を続けています。

これついて意見を求められた人々は、新型コロナウイルス感染拡大を懸念しながらも、その必要性などを挙げて理解を示しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ