1月 23, 2021 20:51 Asia/Tokyo
  • 東京五輪
    東京五輪

IOC国際オリンピック委員会が、今夏の東京五輪・パラリンピック開催実現に向けて、全出場選手の新型コロナウイルスのワクチン接種を検討しています。

英紙テレグラフが22日金曜、報じたところによりますと、WHO世界保健機関と途上国へのワクチン普及を進める国際組織「Gaviワクチンアライアンス」が主導する、発展途上国にも供給を目指す枠組み「COVAX(コバックス)」とIOCが、これに関する協議を進めているということです。

なお、BOA英国オリンピック委員会のアンディー・アンソン最高経営責任者(CEO)は同日、より小さな国・地域でのワクチン供給がIOCにとって「とても重要」だとし、「そうすることで、日本へ渡るできるだけ広範囲の人々へのワクチン接種を可能にする」とコメントしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ