3月 01, 2021 20:54 Asia/Tokyo

1日月曜はこれまでに、日本全国で698人の新規コロナ感染者が確認され、感染者のうち51人が死亡しました。

NHKによりますと、これにより日本国内で感染が確認された人は累計43万4129人となっています。

また同日、東京都で19人、埼玉県で7人、兵庫県で4人、愛知県で4人、千葉県で3人、北海道で2人、大阪府で2人、神奈川県で2人、福岡県で2人、奈良県で1人、山口県で1人、岐阜県で1人、岡山県で1人、滋賀県で1人、茨城県で1人の合わせて51人が、コロナ感染により死亡し、これで国内での死亡者数は合計7961人に達しています。

なお、東京都内では1日、新たに121人の新規感染者が確認され、1日までの7日間平均は前の週の8割余りで、都が目安にしている「7割以下」を超えました。

また、同日都内では感染が確認された19人が死亡しており、このうち12人は医療機関や高齢者施設で感染したとされています。

これについて、東京都の小池知事は都庁で記者団に対し、「きょうは月曜日のため若干少ないが、1週間通しでみる必要がある。実効再生産数が1を切ったとはいえ、0.8という状況だ。陽気もよくなってきてはいるが、注意するところを徹底してよろしくお願いしたい」とコメントしています。

なお、日本国内での統計に在日米軍の統計は含まれていません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ