3月 23, 2021 16:37 Asia/Tokyo
  • 福井県開発の人工衛星
    福井県開発の人工衛星

福井県が「県民衛星プロジェクト」として開発した超小型の人工衛星「すいせん」が、日本時間の22日月曜、カザフスタンのバイコヌール発射基地から打ち上げられ、宇宙空間に無事に放出されました。

NHKが報じたところによりますと、「すいせん」は福井県と県内の企業が開発、製造した超小型の人工衛星で、当初は今月20日に打ち上げ予定だったものの、打ち上げ施設の電力供給システムの急激な電圧の上昇と、ロケットシステム再確認の必要性から、取りやめられて延期されていました。

「すいせん」の本格的な運用は、ことし夏ごろから開始される予定で、福井県はこれにより、防災や環境保全の分野での衛星の画像データの活用を目指しています。

打上げに使われたロシアのロケットには、18か国からの38基の人工衛星が搭載されており、打ち上げの様子は、ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのサイトで中継されました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ