4月 10, 2021 15:35 Asia/Tokyo

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長(56)が、「ワクチンがなくても安心安全な大会とする方針は今も変わっていない」との見解を示しました。

日本のメディアによりますと、橋本会長は9日金曜、都内で会見し、「政府が日本代表選手に対し新型コロナウイルスのワクチンを優先接種させる検討を始めた」とする一部の報道に触れ、「ワクチンがなくても安心安全な大会とする方針は今も変わっていない」として、選手へのワクチン優先接種を否定しています。

その一方で、NOC各国オリンピック委員会に対しIOC国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長ができるだけ多くの関係者のワクチン接種を呼びかけていることを受け、「IOC、国際パラリンピック委員会の考えも注視していかないといけない」とも述べました。

これまでにすでに、複数のNOCが日本への選手派遣はできないと表明していますが、こうした見解を持つ国がさらに増えた場合、大会開催そのものが危うくなります。

再延期は不可能といわれる中、ワクチン接種を所管する日本政府やIOCと交渉する組織委のこれからのかじ取りが、大会開催に向けて非常に重要となると見られます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ