4月 15, 2021 20:19 Asia/Tokyo
  • 日本での新型コロナ
    日本での新型コロナ

日本では15日午後までに、全国で4571人の新型コロナウイルス感染と34人の死亡が発表されています。

NHKによりますと、死亡者は地域別に、東京都で9人、北海道で5人、大阪府で4人、千葉県で2人、奈良県で2人、山形県で2人、福岡県で2人、長野県で2人、兵庫県で1人、埼玉県で1人、徳島県で1人、愛知県で1人、福井県で1人、群馬県で1人となっています。

これで国内で感染が確認された人は合わせて52万2293人、亡くなった人は合わせて9558人となりました。

13日に初めて1000人を超えてから連日で過去最多を更新している大阪府では、15日に新たに1208人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

東京都も同日、新たに729の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表し、1日の感染者が2月4日以来で700人を超えました。

政府は新型コロナウイルス対策をめぐり、来週20日から来月11日まで、埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県に「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めて与党側に伝えました。これにより「重点措置」の適用は、東京や大阪などの6都府県から10都府県に拡大されることになります。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ