4月 17, 2021 17:04 Asia/Tokyo
  • 外来機のAC130J攻撃機
    外来機のAC130J攻撃機

米軍嘉手納基地で16日金曜、外来機のAC130J攻撃機が離着陸する様子が確認されました。

沖縄の地元紙・沖縄タイムスによりますと、同機の離着陸が確認されたのは、先月29日の同基地への飛来して以降初めてのことです。

目撃者の証言によりますと、問題の攻撃機は16日午後0時50分ごろに離陸し、同5時ごろ着陸したとされ、沖縄近海の空域で訓練をしたものと見られています。

嘉手納基地では今月12~16日まで即応訓練が実施され、米軍機やサイレン音などによる騒音が発生しており、嘉手納町の騒音測定では、屋良局の98デシベル(16日午前9時ごろ)を最大とし、70デシベルを超える騒音が、同局で14、15両日に90回観測されています。

なお、町には12~16日までに、騒音などの合計26件の苦情が寄せられています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ