4月 22, 2021 20:37 Asia/Tokyo
  • 日本でのコロナ感染
    日本でのコロナ感染

日本全国で、22日木曜はこれまでに5459人が新たに新型コロナウイルスに感染し、 32人が死亡しました。

NHKによりますと、大阪府は22日、府内で新たに1167人、東京都は861人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。

なお、東京の感染者は1日の感染者としては1月29日以来の多さとなった前日(843人)に続いての800人台で、2回目の緊急事態宣言の解除後では最多を更新した形となっています。

これにより、国内で感染が確認された人は累計55万3711人となりました。

また22日は大阪府で8人、兵庫県で6人、北海道で5人、京都府で2人、千葉県で2人、神奈川県で2人、大分県で1人、奈良県で1人、宮城県で1人、広島県で1人、徳島県で1人、愛知県で1人、福島県で1人の合わせて32人が、コロナ感染により死亡し、これにより国内でのコロナ感染による死亡者数の合計は9819人に達しています。

日本政府は、新型コロナウイルス対策で東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象に、今月25日から来月11日までの期間、緊急事態宣言を出す方針を、23日の分科会に諮ることを与党に伝えており、4都府県に宣言が出されるのは、去年4月、ことし1月に続いて、3回目となります。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ