May 08, 2021 16:31 Asia/Tokyo

菅首相が7日夜、4都府県の緊急事態宣言延長と愛知県・福岡県の対象地域決定を受けて記者会見し、「私自身が先頭に立って、ワクチン接種の加速化を実行に移す」と述べました。

菅首相はこの会見で、「先ほど新型コロナ対策本部を開催し、緊急事態宣言の対象地域に、愛知県、福岡県を追加するとともに、5月31日まで延長することを決定した。また『まん延防止等重点措置』について、北海道、岐阜県、三重県を追加し、5月31日まで延長すること、宮城県については、5月11日に終了することを決定した」と発表しました。

そして、延長により負担をかけることを深くわびた上で、「感染力が強いとされる変異株の拡大も続けている。このため、今般、緊急事態宣言を延長し、ウイルスに対する強い警戒を維持し、改めて対策が必要であると判断した」と理由を述べました。

一方でワクチン接種については、「1日100万回の接種を目標とし、7月末を念頭に、希望するすべての高齢者に2回の接種を終わらせるよう、政府としては、あらゆる手段を尽くし、自治体をサポートしていく」と説明し、さらに「来月をめどに高齢者の接種の見通しがついた市町村から、基礎疾患がある方々を含めて、広く一般の方々にも接種を開始したい」と述べました。

また、ファイザー社から新たに9月末までに5000万回分のワクチンを追加で受け取ることされることになり、さらに来年分としてモデルナ社やノババックス社から合計2億回分の供給を受ける協議を進めていることも明らかにしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ