May 08, 2021 18:37 Asia/Tokyo

東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーが、長崎県に入りました。

長崎県での聖火リレーは、7日金曜と8日土曜の2日間にわたり、17の市と町をおよそ180人のランナーがつなぐことになっています。

長崎県第1日目となった7日は、南島原市をスタートしたあと、雲仙市では5歳の時に長崎で被爆した宮田隆さんが聖火をつなぎました。

また、長崎市内の「平和公園」では無観客で出発式が行われ「公式アンバサダー」を務める俳優の石原さとみさんが「世界平和を祈ってこの希望の火を次の走者へ、そして未来へつないでいきます」とあいさつの後にランナーを務めています。

この日の聖火リレーは、セレブレーション会場の「長崎水辺の森公園」にて終了しました。

なお、2日目の8日は、長与町をスタートし離島の五島市、対馬市、それに県北部の平戸市などをめぐって、佐世保市でゴールという日程になっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ