6月 23, 2021 20:32 Asia/Tokyo
  • 東京五輪
    東京五輪

東京五輪への不参加を表明すれば、全てのメダルをインドに送ると菅義偉首相が提案しているとされた動画が、1万回以上再生されています。

フランス通信が23日水曜、報じたところによりますと、この動画の字幕は捏造されたもので、実際には、動画に映っている菅氏は東京五輪には関係のない演説をしており、同通信は同氏がこうした趣旨の発言をした証拠はないことを確認しています。

この動画は今月7日にフェイスブックに投稿され、22日火曜までの再生回数は1万5000回を超えました。

この動画は、新型コロナウイルスの感染状況が収束していないにもかかわらず、インド政府が東京五輪に向けて準備を進めると発表した後にネット上で広まりました。

一方の菅氏の動画は、例えば2020年10月26日にフジテレビ系列のFNNフジニュースネットワークの配信の中に「衆院本会議 菅首相 初の所信表明演説」の見出しで出てきており、該当する場面は、菅氏が日中関係について論じている箇所で、中国語の字幕は実際の演説内容とは一致していません。

また、インドが東京五輪への不参加を表明すれば、全てのメダルを送ると菅氏が申し出たことを示す証拠もないのが現実です。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ