7月 24, 2021 17:01 Asia/Tokyo

東京オリンピックのボート男子シングルスカル予選に出場したオランダ代表、フィン・フロライン選手が新型コロナウイルス検査で陽性となり、24日土曜の敗者復活戦を棄権したことが判明しました。

NHKによりますと、競技に出場した選手のコロナ感染が確認されたのは、今回が初めてのことです。

フロライン選手は23日金曜の予選で4着となっていましたが、その後に行われたコロナ検査で陽性が確認されました。

これに伴い、24日の敗者復活戦に出場予定だった同選手は出場を棄権しています。

またロイター通信が23日、東京から報じたところによりますと、 自転車男子ロードレースのドイツ代表、ジモン・ゲシュケ選手がコロナ検査で陽性となり、翌日の競技を欠場することが同日発表されました。

同選手は選手村の外にあるホテルに滞在していました。

ほかにも、同じホテルに滞在している自転車のドイツ代表12選手とチームスタッフは以前に陰性となっているが、さらなる検査を受けることになっています。

ゲシュケ選手は「レース直前に競技から外されるのは、本当に辛いこと。健康上の規則にはできる限り従った」とし、「体力的には問題ないが、気持ち的には暗い一日となった。今、私に残されているのは、明日のチームメートの力強いレースを祈ることだけ」と語りました。

これにより、五輪関係のコロナ感染者数は合計106人となっています。

これを受け、東京オリンピック大会組織委員会は、選手団に感染が広がっていないか確認を急いでいます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ