7月 26, 2021 20:09 Asia/Tokyo
  • 米軍ヘリのコンテナ落下
    米軍ヘリのコンテナ落下

沖縄県議会は26日月曜、今月13日に在沖縄米海兵隊のヘリコプターがつり下げ輸送中のコンテナを誤って海上に落下させたことを受け、駐日米大使らに宛てた抗議決議と、日本政府に対する意見書を全会一致で可決しました。ヘリによるつり下げ輸送や訓練の中止も求めました。

NHKによりますと、この決議の中で、「つり下げ輸送などは、一歩間違えば、県民の生命や財産にかかわる重大な事故につながりかねない極めて危険な行為だ」として、事故原因を徹底に究明し、その結果を公表するとともに、ヘリコプターによるつり下げ輸送や訓練を中止するよう求めています。

また、在日米軍の法的地位を定める日米地位協定の抜本的な改定も要求しました。

海兵隊や防衛省によると、コンテナの落下は13日、渡名喜島沖で発生。コンテナは高さと幅がそれぞれ約2・4メートルで、工具や食料、燃料などが入っていました。落下による被害は確認されていません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ