8月 01, 2021 18:29 Asia/Tokyo

東京都の小池百合子知事が1日、緊急事態宣言の対象地域が拡大されることを受け、都民にさらなる注意を呼びかけました。

小池知事は、都庁での全国知事会出席後に報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの感染状況悪化に伴って2日から東京に加え、埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県も緊急事態宣言期間に入るのを受け、「都県境を越えないように、テレワークの徹底をしていただきたい」と呼び掛けました。

小池知事は、同日に都が運営する大規模ワクチン接種センターも視察し、7月31日に過去最多となる4058人の新規感染者が確認された件に関し、「デルタ株が非常に強敵。夏休みだが自宅で家族と感染防止対策を守りながら過ごしてほしい」と訴えました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ