9月 19, 2021 16:10 Asia/Tokyo

自民党総裁選挙に立候補した河野氏、岸田氏、高市氏、野田氏の4人が、日本記者クラブが主催する公開討論会に臨みました。

自民党総裁選の4候補は、今回の討論会において、エネルギー政策や、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた医療提供体制、中国外交などについて論戦を交わしました。

また、河野氏が年金制度改革について、岸田氏が財政健全化について、高市氏が新型コロナ対策での都市封鎖について、野田氏が子どもに関する政策について語り、自身が強調する政策などをアピールしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ