9月 20, 2021 13:52 Asia/Tokyo
  • 自民党総裁選での候補者4人
    自民党総裁選での候補者4人

日本の自民党総裁選に立候補している河野太郎氏、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子氏の4氏がそれぞれ、敵基地攻撃能力の保有に関して自らの見解を表明しました。

産経新聞によりますと、これらの4氏は19日日曜、フジテレビの番組で論戦を繰り広げています。

河野氏は日米で抑止力を高めていく必要性を強調した一方で、敵基地攻撃能力については否定的な見解を示しました。

これに対し、高市氏は敵基地攻撃能力の必要性を強調し、「やられてもやり返さないのでは、どうしようもない」と述べています。

岸田氏も「敵基地攻撃能力も含めて、抑止力として用意しておくことは考えられるのではないか」と肯定的な見方を示しました。

一方、野田氏は「情報収集能力がないことが一番の問題で、抑止力以前の問題だ」と述べています。

自民党総裁の任期満了に伴う選挙は9月17日に告示されており、29日の投開票が予定されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ