10月 13, 2021 19:06 Asia/Tokyo

大阪大学において、培養肉で和牛肉のサシを再現する3Dプリント技術の研究が続けられています。

同大研究チームは、「持続可能な和牛の代替食品として、将来の食糧不足やたんぱく質不足に対処できれば」とコメントしました。

さらに、この研究は再生医療への応用も期待されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ