10月 14, 2021 17:42 Asia/Tokyo
  • 日本製鉄
    日本製鉄

国内鉄鋼最大手の日本製鉄が、電動車のモーターの材料となる鉄鋼製品関連の自社の特許侵害を理由に、トヨタ自動車と中国の鉄鋼大手「宝山鋼鉄」を提訴しました。

NHKによりますと、日本製鉄は、電気自動車やハイブリッド車などのモーターに使われる「無方向性電磁鋼板」とよばれる鉄鋼製品について、自社の特許を侵害されたとして14日木曜、トヨタ自動車と中国の鉄鋼大手「宝山鋼鉄」に対しそれぞれ200億円の損害賠償を求める訴えを、東京地方裁判所に起こしたと発表しました。

また、トヨタ自動車に対しては、特許が侵害されたとしているこの鉄鋼製品を使ったモーターを搭載した電動車の国内での製造と販売の差し止めを求める仮処分も合わせて申し立てています。

これに対してトヨタ自動車は「材料メーカーどうしで協議すべき事案であると認識しており、訴えられたことは、大変遺憾です。電磁鋼板についても取り引き締結前に、他社の特許侵害がないことを製造元に確認のうえ、契約しています」とコメントしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ