10月 16, 2021 13:56 Asia/Tokyo
  • ファイザーのワクチン
    ファイザーのワクチン

日本の厚生労働省が米モデルナの新型コロナウイルスワクチンについて、ごくまれに若年男性に心臓の筋肉などに炎症が起きるおそれがあるとして、10代と20代の男性にはリスクを説明したうえで、ファイザーのワクチンも選択可能とすることを決定しました。

NHKによりますと、モデルナのワクチンの接種を受けたあと、心臓の筋肉や心臓を包む膜に炎症が起きる「心筋炎」や「心膜炎」が疑われる事例が国内外でごくまれに報告され、若い男性ほど多くなる傾向があるということです。

厚生労働省によりますと、国内でモデルナのワクチンの接種後に心筋炎などが報告された男性は、今月3日までに10代で100万人当たり28.8件、20代で25.7件で、ファイザーより、10代で100万人当たりおよそ25件、20代でおよそ16件多くなっています。

こうした結果を受けて、厚生労働省は15日金曜、臨時の専門家部会を開き、10代と20代の男性には念のためファイザーのワクチンを推奨することを提案しました。

これに対し、委員からは「ファイザーのワクチンでも心筋炎などが報告されているのに『推奨』としていいのか」、「まずは情報を提供して接種する人に判断してもらうことが重要だ」などと慎重な意見が相次いだため、厚生労働省は10代と20代の男性に対してはファイザーのワクチンの推奨はせず、心筋炎などのリスクについて情報提供をしたうえでファイザーかモデルナからの選択を可能とすることを決定しました。

これにより、1回目にモデルナのワクチンを接種した人も、2回目はファイザーに切り替えることが可能となります。

厚生労働省は今後、この方針を自治体に周知したうえで、希望に応じてファイザーのワクチンを追加で配送することにしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ