10月 27, 2021 20:41 Asia/Tokyo
  • ガソリン
    ガソリン

資源エネルギー庁の発表によりますと、今月25日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は前週比2.7円高のリッター167.3円で2014年9月以来およそ7年ぶりの高値となりました。九州・沖縄では170円を突破しています。

NHKによりますと、ガソリンの値上がりは8週連続で、この2か月で10円近く上昇した形です。

地域別にみると、北海道は前週比2.9円高の167.3円、東北は2.9円高の166.4円、関東は2.8円高の166.8円、中部は2.5円高の167.6円、近畿は2.4円高の167.0円、中国は2.6円高の166.8円、四国は2.9円高の166.8円、九州沖縄は2.9円高の170.3円となっています。

日本のレギュラーガソリンの価格は今月4日、約3年ぶりとなる160円台に突入。それからわずか3週間で7.3円値上がりしたことになります。このペースで価格上昇が続くと、来週にも約13年ぶりとなる170円台突入もありうるとの見方もあります。

価格上昇の要因は、世界的に経済活動の再開で原油の需要が高まっていることに加えて、火力発電所の燃料として使われる天然ガスや石炭の価格も上昇し、代替の電源として石油火力の需要が世界で高まっていることがあげられるということです。

こうした中、萩生田経済産業相は25日、UAE・アラブ首長国連邦のエネルギー・インフラ相と会談し、原油の増産などを要請しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ