10月 28, 2021 15:23 Asia/Tokyo
  • 台風20号
    台風20号

強い台風20号が本日28日木曜夜、小笠原諸島に最も近づくことが予想され、気象庁が注意を呼びかけています。

NHKが同日、気象庁の発表として報じたところによりますと、強い台風20号は日本時間の28日正午には小笠原諸島の父島の南南西330キロの海上を1時間におよそ20キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の北西側165キロ以内と南東側110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いており、小笠原諸島の父島や母島などが強風域に入っています。

この台風は強い勢力を保ったまま、今夜小笠原諸島に最も近づく見込みで、29日金曜にかけて予想される最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、海上は10メートルの猛烈なしけとなる見込みです。

小笠原諸島では29日の朝にかけて猛烈な風や猛烈なしけとなるほか、伊豆諸島でも波が高くなりしけるおそれがあります。

この台風による大雨にも警戒が必要とされ、小笠原諸島では29日の未明にかけて非常に激しい雨が降る見込みで、29日昼までの24時間に予想される雨量は180ミリとなっています。

気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するとともに、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、倒木、建物の一部損壊などにも警戒を呼びかけています。

なお、台風20号の接近に備えて、小笠原村は、27日水曜の夕方から、防災行政無線で住民に警戒を呼びかけており、自主的な避難を受け入れるため、午後から避難所を3か所、開設することにしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ