11月 22, 2021 16:46 Asia/Tokyo

日本人初の民間人としてISS国際宇宙ステーション滞在を目指す実業家の前沢友作氏が、中央アジア・カザフスタンのバイコヌール宇宙基地での初訓練を受けました。

ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスが同日発表したところによりますと、衣料品通販大手ZOZO創業者である前沢友作氏は今月19日にバイコヌール基地に到着しており、20日土曜に同基地にて初訓練を受けました。

この訓練で前沢氏は、「世界平和」という文字や日の丸のついた宇宙服の試着、搭乗席への試乗などを行うとともに、ほか2人の宇宙飛行士とともにカメラに向かってVサインを見せるなど、笑顔で搭乗への意気込みを示しました。

前沢氏やロシア人宇宙飛行士らが搭乗するロシア宇宙船は、12月8日に同基地からソユーズ宇宙船で打ち上げられ、旅程は12日間とされています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ