11月 30, 2021 15:46 Asia/Tokyo
  • 岸田首相
    岸田首相

新型コロナの新たな変異株の拡散を受けて、政府が外国人の新規入国を原則停止したことについて、岸田首相緊張感を持って対応にあたる考えを強調しました。

NHKが30日火曜、報じたところによりますと、岸田首相は同日朝に開かれた自民党の役員会で「オミクロン株についての情報が、ある程度明らかになるまでの念のための臨時の措置だ。国民の皆さんに、ご理解いただけるよう丁寧に説明していきたい」と述べた上で「医療提供体制の強化や、3回目のワクチン接種など、最悪を想定した準備を着々と進めていく。われわれはまだ危機のさなかにあり、気を引き締めて対策にあたりたい」と強調しています。

また、松野官房長官は、閣議後の記者会見で、南アフリカで確認された新たな変異ウイルス「オミクロン株」への感染が各国で拡大している状況を踏まえ、より早期に変異株を検出できるPCR検査の準備を進めるなど国内体制の一層の強化を図る考えを示し、「現時点で空港検疫を含め、日本国内では確認されていないが、国内での感染・発生に備え、現在、実施中のゲノム解析に加え、より早期に変異株を検出できる、変異株PCR検査の準備を進めており、これらにより発生動向を監視し、早期の感染拡大防止策を講じることとしている」と述べました。

そして「医療提供体制についても感染力が2倍となった場合にも対応できるよう、この夏と比べて約3割増のおよそ3万7000人が入院できる体制の構築を進めている。引き続き、自治体等と連携しながら必要な対策に取り組んでいく」と述べました。

南アフリカで確認された新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染が各国に広がっているのを受けて、日本政府は、世界のすべての国や地域を対象に日本時間の30日午前0時から外国人の新規入国を原則停止しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ