11月 30, 2021 15:50 Asia/Tokyo
  • 末松文部科学大臣
    末松文部科学大臣

末松文部科学大臣が、文化庁の京都移転に関して、来年度・令和4年度中に引っ越しを終えるのは困難になったことを明らかにしました。

NHKが30日火曜、報じたところによりますと、京都に移転する文化庁は、来年度・令和4年度中の業務開始を予定していますが、新しい庁舎の工事で追加の耐震対策が必要となったことなどから、新庁舎の竣工時期が当初の来年8月下旬から来年12月下旬に遅れることになりました。

これを受けて、末松文部科学大臣は、閣議のあとの記者会見で、政府の協議会で対応を検討した結果、移転を予定するすべての部署が来年度中に引っ越しを終えるのは困難になったことを明らかにしました。

その上で、一部の部署は令和5年3月に引っ越しを行い、来年度中の京都での業務開始を目指すとし、「引き続き、京都府や京都市をはじめ、関係方面との連携、協力をさらに強化しながら、移転に向けて着実に準備を進めていく」と語っています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ