11月 30, 2021 16:14 Asia/Tokyo
  • ナミビアからの入国者のオミクロン株の感染確認
    ナミビアからの入国者のオミクロン株の感染確認

日本で初めて、新型コロナの新たな変異種「オミクロン株」の感染者が出ました。

日本の報道各社が30日火曜、同国の政府関係者の話として報じたところによりますと、感染が分かったのはアフリカ南部のナミビアから今月28日に成田空港に到着した30代男性です。

この男性は、入国時のコロナ検査で陽性と判定され、詳しいゲノム解析が行われた結果、オミクロン株感染が判明しました。

日本国内でオミクロン株の感染者が確認されたのは初めてです。

オミクロン株を巡っては、今月24日に南アフリカがWHO世界保健機関に新たな変異株として初めて報告しており、隣国のボツワナや、香港、イスラエル、欧州などでも見つかるなど、急速に感染確認地域が広がっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ