12月 02, 2021 21:04 Asia/Tokyo
  • 岸田首相
    岸田首相

日本の岸田文雄首相が、ロシアとの間の平和条約締結に向けた取り組みを加速化させる姿勢を示しました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、岸田文雄首相は北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会による表敬を受けた中で、ロシアとの間で未だに平和条約が締結されていない現状を問題視し、次の世代に後回しにすることなくこの問題解決に向けた取り組みを加速化させる姿勢を示しています。

首相官邸に掲載されたプレスリリースには、「いまだ、ロシアとの間の北方領土問題は解決できず、そして平和条約を締結することができていないということ、これは誠に遺憾に思います。私も総理大臣に就任しましてから、10月に早速、プーチン大統領と電話会談を行いました。その中で、是非この問題について、御指摘の2018年のシンガポール合意を含めた今日までの両国間での合意、これに基づいてしっかりとこの問題に取り組んでいかなければならない。しっかりとこの問題に取り組み、北方領土問題を解決し、そして平和条約を締結するという我が国の基本方針に基づいて取組を進めなければならない。おっしゃるように、これは時間との闘いであり、決して次世代に先送りするということを考えてはならない、という思いでしっかり取り組んでいきたいと思います」とされています。

また、岸田首相は航空機墓参など、元島民に対する人道的な措置や、4島をめぐる経済交流の早急な再開を目指すことを約束しました。

なお、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はこれに先立ち、国際討論クラブ「ヴァルダイ会議」に出席した際、岸田首相について言及した中で、両国関係の資料に精通し、「実に経験豊かな人物」と評価し、平和条約締結に向けてあらゆる問題の調停を最終的に実現したいとの考えを示しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ