12月 05, 2021 21:19 Asia/Tokyo
  • 日本でのコロナ
    日本でのコロナ

日本では5日日曜までに、全国で115人の新規感染が確認されました。昨日に続いて、死者の発表はありませんでした。一方、群馬県は5日付で、県内の工場でクラスターが発生したと発表しました。

NHKによりますと、5日に確認された新規感染者数は、群馬県で30人、東京都で20人、大阪府で8人、兵庫県で6人などとなっています。

群馬県の発表によると、同県太田市内の工場でクラスターが発生し、工場関係者26人の感染が確認されました。他の感染者と合わせて、同県でこの日に確認された感染者数は30人となりました。

この工場では先月から従業員の感染が相次いでいるということで、今回の26人と合わせてこれまで42人の感染者がこの工場から出ています。そのうち29人は2回のワクチン接種を済ませていたということです。

県がこの42人のうち2人にPCR検査を行った結果、デルタ株による感染であることがわかり、他の感染者についてもオミクロン株の可能性は低いとしています。

国内で感染が確認された人は、合わせて172万8311人となっています。

亡くなった人は、合わせて1万8376人です。

在日米軍の感染者は含めていません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ