12月 06, 2021 18:49 Asia/Tokyo
  • 鳥インフルエンザ
    鳥インフルエンザ

埼玉県美里町の養鶏場で、鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。

NHKが、埼玉県の報告として報じたところによりますと、6日月曜、美里町にある養鶏場からニワトリが相次いで死んでいるという連絡を受け、県がこの養鶏場で、死んだ11羽を含む合わせて13羽の簡易検査を行ったところ、そのすべてから鳥インフルエンザの陽性の反応が出たということです。

この養鶏場では、卵を取るためにおよそ1万7000羽を飼育しており、県はウイルスの遺伝子を調べるさらに詳しい検査を行っていて、結果は6日に判明する見込みだということです。

埼玉県内の養鶏場で、鳥インフルエンザの感染が確認されれば、16年前の平成17年以来となります。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ