1月 20, 2022 20:29 Asia/Tokyo
  • 米軍嘉手納基地から、監視・偵察機が複数離陸
    米軍嘉手納基地から、監視・偵察機が複数離陸

米軍嘉手納基地で19日、外来機の警戒機などの運用が複数確認されました。

沖縄タイムスによりますと、同基地では1月に入り1日に複数回離陸する様子が目撃されることもあり、北朝鮮の動向監視を強化しているものと思われます。

19日は、午前9時48分にはE8地上監視早期警戒機が離陸し、同53分に電子偵察機RC135Wも離陸しました。

嘉手納町の騒音測定器では、兼久局で同51分に「騒々しい工場内」に相当する90・2デシベルの騒音が発生しました。E8同機は空から地上部隊を識別・監視できる能力があります。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ