1月 22, 2022 19:44 Asia/Tokyo
  • 日本でのアート・ワールドカップ
    日本でのアート・ワールドカップ

日本で開催された世界中の障がい者が芸術的才能を披露するアート・ワールドカップ「パラリンアート世界大会 2021」で、イラン人女性がグランプリを受賞しました。

PARSTODAY日本語によりますと、「笑顔」をテーマとしたパラリンアート世界大会 2021には、日本を含めた世界40カ国から障がいを持つ多くのアーティストが参加しました。

表彰式には、日本の国会議員やスペシャルサポーターの福田健次・福岡県中間市市長をはじめ、在日イラン文化センター所長などの参加者出身国の代表者やアーティスト、スポンサー企業や審査員らが出席し、グランプリ作品としてイランのマルズィーエ・フーシュマンド(Marziyeh Hoshmand)さんによる「World’s smile」に賞が贈られました。

昨年開催された「平和」をテーマとしたパラリンアート世界大会 2020でも、イランからは200点以上の応募作品が集まり、その中からメフルナーズ・バフラーミー(Mehrnaz Bahrami)さんの「Peace Within」が準グランプリ3作品のひとつに選ばれ、賞金5万円を贈られていました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ