1月 25, 2022 15:47 Asia/Tokyo
  • 岸田首相
    岸田首相

岸田首相が新年度予算案の関係資料について、3省で計4つの新たなミスがあったとして陳謝しました。

NHKによりますと、政府が国会に提出した新年度、令和4年度予算案の具体的な使いみちを記した「明細書」のうち、総務省に加えて新たに文部科学省と法務省それに国土交通省が所管する資料でも合わせて4つのミスがあったことがわかり、岸田首相は衆議院予算委員会で「大変遺憾なことであり重ねておわびを申し上げる」と陳謝しました。

これに関して総務省が所管する部分に13のミスが見つかったことを受け、政府はほかの省庁でも同じような誤りがないか確認を行いました。

鈴木財務相は25日火曜の衆議院予算委員会の冒頭で、新たに文部科学省と法務省そして国土交通省でも合わせて4つのミスが見つかったことを明らかにしました。

このうち、文部科学省では「一般勘定」という文言の記載漏れがあったほか、法務省では公安調査庁関連の支出額が実際より2万7000円多い金額を記載していたということです。

また、国土交通省では積算の内訳に2つのミスがあったということです。

これについて衆議院予算委員会では担当の3人の閣僚が相次いで陳謝し、システムへの入力ミスや確認作業が不十分だったことなどが原因だと説明しました。

これらを受けて岸田首相は「大変遺憾なことであり重ねておわびを申し上げなければならない。気の緩みだという指摘は当然で、各省庁に対して気を引き締め再発防止に努めるよう指示を出した」と陳謝しています。

さらに、古川法務相は閣議のあと記者団に対し、「国会に提出する予算の書類の中で、こういう間違いはあってはならないことだ。大変申し訳なく恥ずかしいことだと思っている。二度とこのようなことがないよう今後徹底していきたい」と述べました。

そして、末松文部科学相も、文部科学省の「各目明細書」に「一般勘定」と記すべき表題の記載が漏れているミスがあったことを明らかにし、「誠に遺憾だ。国会や関係省庁と協議のうえ速やかに訂正などの対応を行うとともに再発防止を徹底したい」と述べています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ