3月 02, 2022 15:43 Asia/Tokyo
  • キエフと姉妹都市の京都市役所前に献花台設置
    キエフと姉妹都市の京都市役所前に献花台設置

ロシアの軍事侵攻を受けているウクライナの首都キエフと姉妹都市の京都市は、ウクライナへの連帯と平和への願いを示すため、2日水曜、市役所前の広場に献花台を設置しました。

NHKによりますと、献花台は京都市役所前の広場にある姉妹都市のキエフから贈られた大理石のモニュメントの前に設けられています

ロシアのウクライナへの軍事侵攻が伝えられて以降、モニュメントの前には10束ほどの花束とメッセージが寄せられ、京都市は、キエフの人々への連帯の意思と平和への願いを示すため献花台を設置しました。

2日は午前10時すぎに、5年前にキエフを訪問した門川市長も花束を手向け、「歴史を大事にする非常に美しい街でしたので、一刻も早く安心と安全が取り戻されることを願います」と語っています。

京都市はさらに、市役所や区役所など73か所に募金箱を設置したほか、専用の口座も作り、ウクライナを支援するための寄付金を集める活動も開始しました。

これらの募金箱や口座は今月31日まで設けられ、集まった寄付金は、キエフに直接送るということです。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ