4月 20, 2022 18:11 Asia/Tokyo
  • 反ワクチン団体のリーダー格、建造物侵入で逮捕
    反ワクチン団体のリーダー格、建造物侵入で逮捕

新型コロナのワクチン接種に反対する団体「神真都(やまと)Q会」のリーダー格とされる倉岡宏行氏が20日、警視庁公安部に逮捕されました。

産経新聞などによりますと、倉岡容疑者は、同会メンバーと都内のクリニックで抗議行動を行った事件に関連し、建造物侵入の疑いで拘束されました。

発端となった事件は4月7日に発生しました。同会メンバー10人ほどは同日、渋谷区のクリニックに侵入し、新型コロナのワクチン接種への抗議を1時間以上にわたり行い、その際4人が現行犯逮捕されました。

神真都Q会は、コロナウイルスは存在しておらず、ワクチンは人類の遺伝子を変異させるなどと主張しており、米国の陰謀集団「Qアノン」の影響を受けているとされています。

倉岡宏行容疑者は元俳優で、Vシネマを中心に活動していました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ