May 17, 2022 17:33 Asia/Tokyo
  • 日本が韓国からの入国時の待機免除へ
    日本が韓国からの入国時の待機免除へ

日本が新型コロナ関連の水際対策措置を緩和し、これまで韓国からの入国者に求めていた強制待機を免除することから、日韓間の協力強化や往来の活発化が期待されます。

韓国・ヨンハプ通信が17日火曜、ソウルから報じたところによりますと、日本の外務省は16日月曜、新型コロナの新たな水際措置として、韓国からの入国者に求めていた原則3日間の指定施設での待機を17日午前0時以降はなしにすると発表しました。

また、日本政府が有効と認める種類の新型コロナワクチンの3回目接種を終えている場合は、自宅などでの待機も免除されます。

日本政府が韓国からの入国者に対し入国時の新型コロナウイルス検査で陰性なら入国後の指定施設での待機を免除すると決めたことを受け、韓国経済団体の全国経済人連合会(全経連)は17日、「両国の経済協力強化へ呼び水になる」と歓迎しました。

全経連はキム・ボンマン国際本部長の名前で資料を出し、「これまで日本との経済協力で大きな支障となっていた日本入国時の待機が免除されたことを韓国経済界は大いに歓迎する」と表明しています。

さらに「今回の措置が韓日両国間の交流拡大と関係改善につながることを期待する」としながら、韓日の両政府に「査証(ビザ)免除停止の解除など相互の人的交流の活性化にも一層努力してほしい」との要望を示しました。

今回の日本の措置を受け、全経連をはじめとする韓国経済界も、日本経団連と協力して両国の経済協力強化に最善を尽くすと表明しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


タグ